妊娠 肌荒れ

妊娠中の肌荒れにおすすめのスキンケア化粧品はコレ!

 

妊娠中の肌荒れに!おすすめ化粧品ランキング

ラミューテ

 

妊娠中の肌荒れにはラミューテ化粧品がおすすめです。
ラミューテは女性ホルモンのバランスに着目して作られた化粧品です。

 

妊娠中にできる肌荒れは、女性ホルモンバランスの乱れからくるのが原因と言われています。
だから、妊娠中の肌荒れを解消するためには、ホルモンバランスを整えることが一番なのです。

 

ラミューテでお肌をケアするだけで、女性ホルモンのバランスをいい状態へ整えてくれて、肌荒れをキレイなお肌へ導いてくれます。

 

オルビス

2位はオルビスの大人ニキビ・肌荒れ用化粧品です。
お肌の新陳代謝の低下から肌荒れが起こることに着目して作られていて、
角層に潤いを与えながら、ごわつきのないなめらかに肌へと導いていきます。
配合成分の紫根エキスや甘草エキスなどが妊娠中の肌荒れの原因を根本から断ち、
バリア機能の整え、健やかな肌へと導きます。
洗顔料・化粧水・保湿液の3点揃ったトライアルセットから試すことができます。

 

ルナメアAC

3位は、ルナメアACは富士フィルムの大人ニキビ・肌荒れ用化粧品です。
妊娠中のニキビや肌荒れの有効成分アクネシューターと毛穴の汚れを優しく除去するファーバースクラブが肌トラブルを事前に予防してくれます。
富士フィルムが、独自の解析技術でニキビ・肌荒れの原因を解明しながら作った化粧品。
ユーザー満足度も84%で評判のいい商品です。通販限定の1週間お試しキットもやってます。

 

妊娠中の肌荒れの原因と対策方法

 

 

妊娠中の肌荒れは女性ホルモンのバランスが乱れることが原因で起こると考えられています。

 

女性ホルモンのバランスが乱れるとお肌の水分油分のバランスも崩れてしまい、お肌は乾燥しやすくなります。
肌の乾燥は、肌自体の新陳代謝(ターンオーバー)を低下させ、古い角質や毛穴に詰まった皮脂がスムーズに排出されにくくなります。
結果、毛穴に古い角質や皮脂が溜まるので、妊娠中はお肌が肌荒れしやすくなるのです。

 

妊娠中の肌荒れを改善するためには、妊娠中でも女性ホルモンのバランスをいい状態へ整えてあげることが大切です。
女性ホルモンバランスが整えられると、お肌は乾燥しませんし、肌トラブルができにくい肌状態をキープできるのです。

 

 

対策するためにはラミューテ化粧品のように、
女性ホルモンバランスに着目した化粧品を使ってスキンケアするのが一番効果的だと思います。

 

 

妊娠中の肌荒れ対策 | ラミューテ化粧品が選ばれる3つの理由

 

配合成分ダマスクローズがホルモンバランスを整える

ラミューテには女性ホルモンバランスをいい状態へと整えると言われるダマスクローズが配合されています。
配合されているダマスクローズは、無農薬有機栽培で育った天然ダマスクローズ100%です。
ダマスクローズは日本人の肌に相性が良く、美容にもいいと言われています。
女性ホルモンを調整して肌荒れ改善はもちろん、保湿効果や肌のキメ・ハリを整える効果も期待できます。
またホルモンバランスを整えるのであって、ホルモン自体を変化させるものではないので、お腹の赤ちゃんにも安心です。
妊婦さんでも安心して使えるものになっています。

 

ストレス緩和効果もあるダマスクローズ

妊娠中、ホルモンバランスが乱れて、ストレスが溜まったりイライラしてしまう時もいると思います。
ただストレスやイライラは、お腹の赤ちゃんにとっても悪影響ですし、お肌にもいい影響は与えません。
ラミューテには天然ダマスクローズが配合されているので、ストレス緩和効果が期待できますし、ホルモンをいい状態へ整えてくれます。
ラミューテでスキンケアすることでストレスが緩和されて、なおかつプルプルの美肌へと導いてくれます。

 

 

低刺激で敏感な肌にも安心

ラミューテはお肌を刺激する成分が入っていないので、お肌が敏感な妊娠中でも安心して使えます。
パラベン、鉱物油、アルコール、石油系合成界面活性剤、合成着色料、以上5つの化学成分が入っていません。
化学成分はお肌にいい影響は与えませんし、肌に優しい化粧品なので、敏感肌の妊婦さんにも使いやすいです。

 

【半額キャンペーン中】いまラミューテ化粧品がお得!

 

ラミューテで妊娠中のスキンケアを始めるなら今がお得です!
ラミューテは現在半額キャンペーン中。
通常価格17,100円のラミューテ美肌セットですが、今なら半額の8,550円で買えるのです。

 

安い化粧品ではないですが、ラミューテは180日間の全額返金保障が付いています。
本気で肌荒れに悩んでいるなら、いい商品なので一度試す価値はあると思います。

 

※また1本使い切ったとしても到着後180日の間であれば全額返金保証も使えますよ。

 

 

妊娠中の肌の変化

 

 

妊娠中の肌の変化について妊婦さんの声についてお伝えします。・妊娠するとニキビがたくさん出来た!産後もニキビ跡が残って困った!・つわりがひどくて妊娠するまで使っていた基礎化粧品も肌に合わなくなってしまった。高い化粧品だったので残念。・洗顔料を使うと肌が痛くて顔を水で洗っていました。敏感肌になったからだと思います。・出産してから顔が油っぽくなりました。皮脂の過剰分泌が原因だと思います。ニキビも多く出来ました。・妊娠したら頬や口周り中心にニキビが増えてしまい、肌荒れがひどかったです。乾燥が原因でかゆみもあって痒くて大変でした。・妊娠初期はホルモンバランスが崩れて肌も揺らいでいて、涙もろくもなりました。あんなに肌が不安定になると思いませんでした。・妊娠したらニキビが大量発生!肌がカサカサしてたり、シミも増えて妊娠中に肌に合う化粧水を探すのは大変でした。・肌あれとは無縁の人生を歩んでいたのにお腹に赤ちゃんができたことで肌荒れを起こしてしまいました。妊娠1ヶ月〜4ヶ月がひどい時期でそれからは安定してきました。妊娠中の肌荒れは特に妊娠初期(出産1ヶ月〜4ヶ月)になる妊婦さんが多いです。妊娠初期は肌荒れの原因を作ると言われる女性ホルモン「プロゲステロン」の分泌が増加するからです。そのため妊娠初期にはひどい肌荒れに悩んでも妊娠中期から後期にかけては肌荒れが改善されたという妊婦さんは多いのです。妊娠初期はスキンケアにも気を配る必要があります。妊娠の初期である出産1ヶ月〜4ヶ月くらいは肌荒れがしやすい時期ですから普段以上にスキンケアに力を入れないとひどい肌トラブルになる可能性があります。肌トラブルというのはニキビやシミ、肌荒れ、くすみ、シワのことをいいます。外に出るときは日焼け止めや帽子などでUVケアをとることは必須です。ただでさえ肌が敏感な妊娠初期なので、この時期に紫外線対策をしないと後々シミやニキビ跡、ニキビ、シワ、肌のたるみといった症状に悩まされることになります。ただし妊娠初期はスキンケアだけでなく栄養にも着目して肌荒れ対策をすると症状は良くなりやすいでしょう。栄養素としてはビタミンCや葉酸がおすすめです。ビタミンにはいちごやレモン、アセロラといった果物などに多く含みますし、葉酸はほうれん草や納豆、枝豆、アスパラガスといった野菜に多いです。最近はお腹の赤ちゃんにも安心な葉酸のサプリもネットで売ってたりするので活用してみるのも面白いでしょう。このような栄養素を適切にとることは肌だけでなくお腹の赤ちゃんの健康にとってもいいと考えられるので積極的に摂取したいものです。妊娠初期はビタミンCや葉酸には注目すべきですが、栄養が偏らないように注意してください。栄養バランスをとるのが何より重要ですから。栄養バランスが崩れると気分が沈みやすかったり、些細なことで泣いてしまう、ストレスを抱えやすくなる等精神にも不調を招きます。そうすると妊娠初期は頬にニキビが大量発生・ニキビだけでなくシミや肌の乾燥がひどい(いつも使っている化粧品では対処しきれない)・産後にはひどい肌荒れが治ると思ってもやっぱり辛く欝になるといった症状を招きます。母子ともに健康でいるためにも妊娠初期は肌に優しいタイプのスキンケア化粧品(産後 ニキビ 化粧品)へと変えてみることと、肌のため心のためベビーのためにもバランスのいい食事を心がけましょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ